正岡子規を通販で買うなら

            

新版 おくのほそ道 現代語訳/曾良随行日記付き (角川ソフィア文庫)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1,000円
コレクター商品の出品:3,022円
カスタマーレビュー
芭蕉紀行文の最高峰『おくのほそ道』を読むための最良の一冊。豊富な資料と詳しい解説により、芭蕉が到達した詩的幻想の世界に迫り、創作の秘密を探る。実際の旅の行程がわかる『曾良随行日記』を併せて収録。
坂の上の雲(五) (文春文庫)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1,255円
コレクター商品の出品:2,243円
カスタマーレビュー
強靭な旅順要塞の攻撃を担当した第三軍は、鉄壁を正面から攻めておびただしい血を流しつづけた。一方、ロシアの大艦隊が、東洋に向かってヨーロッパを発航した。これが日本近海に姿を現わせば、いま旅順港深く息をひそめている敵艦隊も再び勢いをえるだろう。それはこの国の滅亡を意味する。だが、要塞は依然として陥ちない。
坂の上の雲(六) (文春文庫)

価格:994円 新品の出品: 中古品の出品:689円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
作戦の転換が功を奏して、旅順は陥落した。だが兵力の消耗は日々深刻であった。北で警鐘が鳴る。満州の野でかろうじて持ちこたえ冬ごもりしている日本軍に対し、凍てつく大地をとどろかせ、ロシアの攻勢が始まった。左翼を守備する秋山好古支隊に巨大な圧力がのしかかった。やせ細った防御陣地は蹂躙され、壊滅の危機が迫った。
坂の上の雲(四) (文春文庫)

価格:390円 新品の出品: 中古品の出品:49,999円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ戦費もろくに調達できぬ小国……。秋山好古陸軍少将の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、苦戦の連続であった。また、連合艦隊の参謀・秋山真之少佐も、堅い砲台群でよろわれた旅順港に潜む敵艦隊に苦慮を重ねる。緒戦から予断を許さない状況が現出した。
坂の上の雲(八) (文春文庫)

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:4,500円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」。明治三十八年五月二十七日早朝、日本海の朝靄の中にロシア帝国の威信をかけたバルチック大艦隊がついにその姿を現わした。国家の命運を背負って戦艦三笠を先頭に迎撃に向かう連合艦隊。大海戦の火ぶたが今まさに切られようとしている。感動の完結篇。
月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)

価格:799円 新品の出品:799円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
□(シカク:詩歌句)街。そこは近代日本ぽくも幻想の、詩人たちが住まう架空の街。そこには萩原朔太郎、北原白秋、三好達治、室生犀星、高村光太郎らの作品からイメージされたキャラクターたちが、創作者としての業と人間としての幸せに人生を引き裂かれながら詩作に邁進する。実在した詩人の自伝ではなく、萩原朔太郎や北原白秋らの作品から受けた印象をキャラクターとして創作された、詩人たちと近代日本の業と罪と狂気の物語。
坂の上の雲(七) (文春文庫)

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:15,000円
コレクター商品の出品:900円
カスタマーレビュー
各地の会戦できわどい勝利を得はしたものの、日本の戦闘能力は目にみえて衰えていった。補充すべき兵は底をついている。乏しい兵力をかき集めて、ロシア軍が腰をすえる奉天を包囲撃滅しようと、日本軍は捨て身の大攻勢に転じた。だが、果然、逆襲され、日本軍は処々で寸断され、敗走する苦境に陥った。
月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンKC)

価格:799円 新品の出品:799円 中古品の出品:206円
コレクター商品の出品:1,400円
カスタマーレビュー
□(シカク:詩歌句)街。そこは近代日本ぽくも幻想の、詩人たちが住まう架空の街。実在した詩人の自伝ではなく、萩原朔太郎や北原白秋らの作品から受けた印象をキャラクターとして創作された、詩人たちと近代日本の業と罪と狂気の物語。衝撃的な内容で話題の1巻に続き、近代日本の闇へ踏み込む第2巻登場!
なぎさホテル

価格:627円 新品の出品: 中古品の出品:189円
コレクター商品の出品:9,980円
カスタマーレビュー
作家・伊集院静の原点が綴られた自伝的随想。 1978年冬、若者は東京駅構内にいた。足元のトランクには数枚の衣類、胸のポケットにはわずかな金しかなかった。入社した広告代理店も一年半足らずで馘首され、酒やギャンブルに身を置いた末に、東京での暮らしをあきらめていた。生家のある故郷に帰ることもできない。 そんな若者が、あてもなく立ち寄った逗子の海岸に建つそのホテルで温かく迎え入れらえる。「いいんですよ。部屋代なんていつだって、ある時に支払ってくれれば」 見ず知らずの自分を、家族のように受け入れてくれる“逗子なぎさホテル”の支配人や副支配人、従業員たち。若者はそれからホテルで暮らした七年余りの日々の中で、小説を書きはじめ作家デビュー、大人の男への道を歩き出す――。 作家・伊集院静の誕生まで、若き日に向き合った彷徨と苦悩、それを近くで見守ってくれた人々との出逢いと別れ。名門ホテルは平成元年にその歴史に
月に吠えらんねえ(6) (アフタヌーンKC)

価格:799円 新品の出品:799円 中古品の出品:1,192円
コレクター商品の出品:8,000円
カスタマーレビュー
戦前・戦中の日本の近代詩歌俳句闇鍋ジェットコースター! 萩原朔太郎作品をキャラクター化した「朔くん」、北原白秋作品から生まれた「白さん」、室生犀星作品から生まれた犀ら、近代の詩人歌人たちが住む□(シカク)街はいよいよ不穏さを増す。暴行により気を失ったままの朔を救うべく、ミヨシくんと釈先生が謎の解明に乗り出す!

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜈崎ィア蜷亥ョソ 譬シ螳  隱ソ逅蟶ォ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繝舌う繧ッ  繧ソ繧、繝、 遨コ豌怜悸  繧ソ繧、繝、 蜿悶j莉倥¢  繝吶シ繧ケ 蟆る摩蟄ヲ譬。  GANADOR  繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ蟆る摩蠎  迚ゥ豬  譬ェ繧ィ繝エ繧。繝ウ繧ク繧ァ繝ェ繧ケ繝医隧募愛  荳ュ蜿、繝代シ繝 譌ュ蟾  繝舌う繧「繧ー繝ゥ 騾夊イゥ